土佐打刃物の鍛冶師集団「ZAKURI(ザクリ)」の通信販売。包丁、ナイフ、園芸鋏、鎌、鍬など豊富な品揃え。オーダーメイドも大人気!ご贈答にもどうぞ!
ZAKURI CRAFTMANS SHIP 土佐打刃物の伝統の技を受け継いだ、未来派創造集団 カートの中を見る
トップページザクリの通信販売ご注文方法お支払い配送方法返品・交換について個人情報の取り扱いについて特商法表記お問い合わせ
商品ラインナップ
包丁
包丁(磨・黒打)
舟行、出刃、柳刃、菜切、うなぎ、鮹引、寿司切、鰹
鎌

厚鎌、薄鎌、中厚鎌、枝打鎌、登鎌、つる切鎌
園芸用品
園芸用品
刈込鋏、生花鋏、接木ナイフ、土佐型三ツ又鍬、片手用鍬
アウトドア用品
アウトドア用品
ナイフ(磨・黒打)、剣鉈、渓流ナイフ、皮はぎ、その他
山林道具

山林用具
腰鉈(磨・黒打)、枝打鉈、竹割鉈、海老鉈、山仕事等

愉快な仲間
愉快な道具
小型ナイフ、多目的ナイフ、指鎌、オリジナル鎌
刃物への想い 私たちが願うこと
鍛 ZAKURI
ZAKURIとは
鋼種別特徴
ZAKURIニュース
土佐打刃物の歴史
高知県の土佐山田町
リンク集
ザクリ新聞
こじゃんと便利なアウトドア特集
炭
無口な男たち(?)が語る鍛冶職人のあれこれ。
ZAKURI がきたでぇ!
どんなところへも行くぞね!
どんなところへも行くぞね!
土佐打刃物の妙技と心 400年の歴史と伝統
土佐山田町
鍛冶屋のひとりごと ボクをクリック
ZAKURI CRAFTMAN SHIP
 
ZAKURI メンバー
西岡 信昭 笹岡 悟 山崎 洋介 小松 広 山崎 龍太郎 迫田 剛
 
No.578-604
片刃磨霞研ぎ 柳刃紫檀柄
希望小売価格
26,500円
販売価格 20,000円
刺身にするときに切った断面がきれい。けんがたつ。酸化(色の変色)が少ない。
商品No. 商品説明 価格
578-604
青2号・210mm
20,000
数量
 
 
 
ぼくらのたまたまの1本がお客さんには
その1本となる。そう考えると手は抜けない。
 
「迫田刃物」は、土佐打刃物に挑む父子鷹。二代目となる剛さんは、父が打った包丁を研ぐのが仕事だ。いわゆる『切れ味』と『切れやすさ』とは別。切れ味は鍛冶の技術が物を言い、切れやすさは研ぎの技術が左右する。剛さんがこの世界に入ったのは十八年前。高校を卒業してすぐ、父に福井県武生市の刃物工場に“ここで修行せよ”と連れて行かれたのがきっかけだった。そこで3年、刃物づくり全体の仕事を学んで高知に帰ると、父は自分の工場の隣に剛さんの工場を勝手に建てていた。「自分がやりたくて始めた仕事ではなかったので、最初は嫌でした。でも、今はすごく楽しい。刃物の世界は限りなく広いので見ること、覚えることがたくさんあって面白い」と言う。
そのきっかけとなったのは、県外で開かれた刃物まつりで全国の刃物職人たちに出会ったこと。「そこで自分のレベルの低さを知ったし、よその刃物職人さんたちの懐の大きさに感銘を受けた」。以来、剛さんは研ぎの技術を磨きに東京や京都の師匠の元へ出向いている。「丁寧にきれいに研ぐということも大事ですが、最近はお客さんの概念も少しずつ変わって来ているので、きれいに見えながらも“怖さ”をあまり出さない研ぎ方をめざしている」そうだ。
その仕事は、まず、刃物の歪みを整え、水研砥石をはじめグライダーで粗研ぎをし、刃口の厚みを調整し、磨き、削り、研ぎ、約三十工程かけて仕上げていく。「いくら僕がきれいに磨いても、地の打ち方、温度管理がダメやったら何の価値もなくなる」と、定期的に金属会社に出来上がった刃物を構造検査に出すなど、品質管理も怠らない。
「僕らにとってはたまたまの1本が、お客さんにはその1本となる。僕はまだまだ研ぐのが上手じゃないき、その分、手を抜かんように心掛けています」。剛さんのしのぎを削る日々は続く。
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ
Copyright (c) 2004-2008 ZAKURI. All Rights Reserved.