土佐打刃物の鍛冶師集団「ZAKURI(ザクリ)」の通信販売。包丁、ナイフ、園芸鋏、鎌、鍬など豊富な品揃え。オーダーメイドも大人気!ご贈答にもどうぞ!
ZAKURI CRAFTMANS SHIP 土佐打刃物の伝統の技を受け継いだ、未来派創造集団 カートの中を見る
トップページザクリの通信販売ご注文方法お支払い配送方法返品・交換について個人情報の取り扱いについて特商法表記お問い合わせ
商品ラインナップ
包丁
包丁(磨・黒打)
舟行、出刃、柳刃、菜切、うなぎ、鮹引、寿司切、鰹
鎌

厚鎌、薄鎌、中厚鎌、枝打鎌、登鎌、つる切鎌
園芸用品
園芸用品
刈込鋏、生花鋏、接木ナイフ、土佐型三ツ又鍬、片手用鍬
アウトドア用品
アウトドア用品
ナイフ(磨・黒打)、剣鉈、渓流ナイフ、皮はぎ、その他
山林道具

山林用具
腰鉈(磨・黒打)、枝打鉈、竹割鉈、海老鉈、山仕事等

愉快な仲間
愉快な道具
小型ナイフ、多目的ナイフ、指鎌、オリジナル鎌
刃物への想い 私たちが願うこと
鍛 ZAKURI
ZAKURIとは
鋼種別特徴
ZAKURIニュース
土佐打刃物の歴史
高知県の土佐山田町
リンク集
ザクリ新聞
こじゃんと便利なアウトドア特集
炭
無口な男たち(?)が語る鍛冶職人のあれこれ。
ZAKURI がきたでぇ!
どんなところへも行くぞね!
どんなところへも行くぞね!
土佐打刃物の妙技と心 400年の歴史と伝統
土佐山田町
鍛冶屋のひとりごと ボクをクリック
ZAKURI CRAFTMAN SHIP
 
ZAKURI メンバー
西岡 信昭 笹岡 悟 山崎 洋介 小松 広 山崎 龍太郎 迫田 剛
 
No.570-104
刈込鋏 (ねじ止め)
希望小売価格
24,000円
販売価格 19,000円
庭木や生け垣の剪定、葉刈りに。
商品No. 商品説明 価格
570-104
180mm
樫焼柄48cm
白銅・カバー付
19,000
数量
 
 
 
 
1本の鉄の棒が、自分の手を経て鋏になっていく。
毎日の仕事の積み重ねで
「職人」は出来上がっていくのだと思う。
 
生花鋏の手元を丸く曲げる細工、形が蕨 (わらび)に似ていることから「蕨取り」と呼ぶのだそうだ。単なる飾り細工ではなく、ストッパーの役割も果たす。「華道家や庭師、 それぞれの流派や職人たちの使い勝手に合わせて、鋏鍛冶がこの形に育てて来た。そういう伝統の良さを守りながらやっていきたい」と笹岡さん。大学卒業後、一旦、サラリーマンになったものの「やっぱり、昔から見ていたオヤジの仕事をやりたくなった」と父・英二さんに頼み込み、2度目でやっと弟子入りを許されて8年が経った。
笹岡鋏製作所は、高知県ではただ一軒の鋏鍛冶。大阪・堺で鋏職人として修業した英二さんが、30余年前にその技術を土佐に持ち帰った。生花鋏をはじめ、刈込鋏、植木鋏など、仕事のやり方は一 貫して昔ながらの手仕事。鉄に鋼を付け、鍛えて研いで仕上げるまで十数工程にのぼる。
生花鋏のほとんどは京都に出荷されていて、池坊の全国のお弟子さんたちに使われる。「1本の鉄の棒が製品となってお客さんに届くまで、すべて自分でできるのでやりがいがあるし、面白い。今は少しずつオヤジの形に近づいていく嬉しさがある」と笹岡さん。その父は手取り足取り教える事はない。「職人は一生が修業。 鉄を打ち、自分の手が身体が覚えていく以外にない。自分なりのものを求めていけばええんじゃないか」と息子を見守る。その笹岡さんがこだわっているのが研ぎ。 土佐打刃物は長く使えるが、使えば切れ味も落ちてくる。だが、きちんと研げばすぐにまた新品に 戻るのが、手づくりのモノの良さでもある。
「僕はなんでも作れて、なんでも研いで直せる職人になりたい。まだまだ覚えないといけないこともたくさんありますが、僕は仕事を毎日継続していくその積み重ねで、職人はできあがるんじゃないかと思っています」。鋏の善し悪しは、軽からず重からず。笹岡さんはその鋏で自らの明日も切
り拓いていく。
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ
Copyright (c) 2004-2008 ZAKURI. All Rights Reserved.