土佐打刃物の鍛冶師集団「ZAKURI(ザクリ)」の通信販売。包丁、ナイフ、園芸鋏、鎌、鍬など豊富な品揃え。オーダーメイドも大人気!ご贈答にもどうぞ!
ZAKURI CRAFTMANS SHIP 土佐打刃物の伝統の技を受け継いだ、未来派創造集団 カートの中を見る
トップページザクリの通信販売ご注文方法お支払い配送方法返品・交換について個人情報の取り扱いについて特商法表記お問い合わせ
商品ラインナップ
包丁
包丁(磨・黒打)
舟行、出刃、柳刃、菜切、うなぎ、鮹引、寿司切、鰹
鎌

厚鎌、薄鎌、中厚鎌、枝打鎌、登鎌、つる切鎌
園芸用品
園芸用品
刈込鋏、生花鋏、接木ナイフ、土佐型三ツ又鍬、片手用鍬
アウトドア用品
アウトドア用品
ナイフ(磨・黒打)、剣鉈、渓流ナイフ、皮はぎ、その他
山林道具

山林用具
腰鉈(磨・黒打)、枝打鉈、竹割鉈、海老鉈、山仕事等

愉快な仲間
愉快な道具
小型ナイフ、多目的ナイフ、指鎌、オリジナル鎌
刃物への想い 私たちが願うこと
鍛 ZAKURI
ZAKURIとは
鋼種別特徴
ZAKURIニュース
土佐打刃物の歴史
高知県の土佐山田町
リンク集
ザクリ新聞
こじゃんと便利なアウトドア特集
炭
無口な男たち(?)が語る鍛冶職人のあれこれ。
ZAKURI がきたでぇ!
どんなところへも行くぞね!
どんなところへも行くぞね!
土佐打刃物の妙技と心 400年の歴史と伝統
土佐山田町
鍛冶屋のひとりごと ボクをクリック
ZAKURI CRAFTMAN SHIP
 
ZAKURI メンバー
西岡 信昭 笹岡 悟 山崎 洋介 小松 広 山崎 龍太郎 迫田 剛
 
No.570-504
舟行包丁(青2号鋼)
希望小売価格
4,000円
販売価格 3,000円
万能包丁というくらい、ほとんどのものが切れます。5寸(15cm)くらいのものがよく使用されるサイズです。まずは家にこの包丁を置いて使ってみてください。 冷凍物に使用すると刃こぼれをおこしやすいので、冷凍物への使用は避けて下さい。 ※この包丁なぜ舟行(ふなゆき)と言うのでしょう?包丁の型が舟に似ているのでこの名が付けられたそうです。
商品No. 商品説明 価格
570-504
青2号鋼・150mm
3,000
(希望小売価格 4,000円)
数量
 
 
 
 
自分の包丁は暮らしのなかから
絶対に無くならんと思うちゅうき、
続けていける。守っていける。
 
カンカンカンカン。横座のなかでベルトハンマーを相棒に、西岡さんは鉄を打ち、鉄より固い鋼をサンドイッチ状に割り込ませていく。鉄が刃物となる一番最初の段階であり、これが土佐打刃物の特徴でもある。
「土佐打刃物の場合は、鍛冶屋によって包丁なら包丁1本、鎌1本というふうに専業化されちょって、うちでは親父の代から黒包丁を作っています」と西岡さん。父と弟と三人で営む工場では十数工程にのぼる作業も分業化されているのだそうだ。
西岡さんが父親に弟子入りしたのは20才の時のことで、以来二十七年が経った。「子どもの頃から工場が遊び場で、横座に隠れてかくれんぼをした。ハンマーの音、鉄の焼けるにおいが生活のなかにあったきね。家業を継ぐのはあたりまえのことで、何の迷いも抵抗もなかった。ハンマーがうるさいなかでも居眠りできますきね」という。
その職人の世界は、まさに「見て盗め」で、手とり足とりなどもってのほか。「だから、初めの頃は全然仕事の面白さが判らんかった。20数年経って技術も身に付いてきて、最近ようやく面白味が出て来たという感じですね。それまでは苦しみやった(笑)。僕の場合は親父が師匠ですけど、その師匠が求めるものに対して、自分の腕がそこまで到達できてないというジレンマがあった」。
師匠たる父は、まさに絵に描いたようないごっそう。当然、今もって誉められたことは一度もないそうだ。「今、刃物は家庭のなかで道具としての価値を無くしつつあるけんど、自分の包丁は絶対に無くならんと思うちゅうので続けていけるし、さほど先行きにも不安は持っていない。
この伝統という基本路線はずっと守って行きたい」と言う。それぞれに職人の生き方があり、みんな違って、それでいい。
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ
Copyright (c) 2004-2008 ZAKURI. All Rights Reserved.