土佐打刃物の鍛冶師集団「ZAKURI(ザクリ)」の通信販売。包丁、ナイフ、園芸鋏、鎌、鍬など豊富な品揃え。オーダーメイドも大人気!ご贈答にもどうぞ!
ZAKURI CRAFTMANS SHIP 土佐打刃物の伝統の技を受け継いだ、未来派創造集団 カートの中を見る
トップページザクリの通信販売ご注文方法お支払い配送方法返品・交換について個人情報の取り扱いについて特商法表記お問い合わせ
商品ラインナップ
包丁
包丁(磨・黒打)
舟行、出刃、柳刃、菜切、うなぎ、鮹引、寿司切、鰹
鎌

厚鎌、薄鎌、中厚鎌、枝打鎌、登鎌、つる切鎌
園芸用品
園芸用品
刈込鋏、生花鋏、接木ナイフ、土佐型三ツ又鍬、片手用鍬
アウトドア用品
アウトドア用品
ナイフ(磨・黒打)、剣鉈、渓流ナイフ、皮はぎ、その他
山林道具

山林用具
腰鉈(磨・黒打)、枝打鉈、竹割鉈、海老鉈、山仕事等

愉快な仲間
愉快な道具
小型ナイフ、多目的ナイフ、指鎌、オリジナル鎌
刃物への想い 私たちが願うこと
鍛 ZAKURI
ZAKURIとは
鋼種別特徴
ZAKURIニュース
土佐打刃物の歴史
高知県の土佐山田町
リンク集
ザクリ新聞
こじゃんと便利なアウトドア特集
炭
無口な男たち(?)が語る鍛冶職人のあれこれ。
ZAKURI がきたでぇ!
どんなところへも行くぞね!
どんなところへも行くぞね!
土佐打刃物の妙技と心 400年の歴史と伝統
土佐山田町
鍛冶屋のひとりごと ボクをクリック
 
 
 
土佐打刃物発祥の地、土佐山田町
土佐刃物づくりの歴史は古く、鎌倉時代後期、徳治元年(1306年)大和国より移り住んだ刀鍛冶 五郎左衛門吉光派が室町末期まで繁栄し、戦国の乱世で武具刀剣等の需要に応じていました。
1590年に土佐一国を統一した長宗我部元親が記させた
「長宗我部地検帳」には、399軒の鍛冶屋が 存在していたことが記録されています。
江戸時代初期の元和改革(1621年)、土佐藩の財政窮迫の復興として森林資源の確保および新田開発などの振興政策を受けて農林業用打刃物の 需要が一気に拡大します。
この頃から刃物生産技術が著しく発展をとげ、量産体制および品質の向上が図られ、土佐打刃物が確立されました。

土佐打刃物は現在の土佐山田町の刀鍛冶から習って、鎌、鉈、のこぎり、鍬など農山林具としての 道具を中心に発達したといわれており、今でも全国有数の刃物産地として認められています。
土佐刃物の特長は、日本刀と同じ高品質の刃物鋼を用いることにあります。日本刀のように鍛えることにより、金属組織を微細化し、切味・耐摩耗性・刃の粘りを与えています。
 また、強度や重さを必要とする部分を厚くし、刃は理想の機能を発揮するよう適切な薄さに仕上げています。
 
400年の歴史が伝統となり技となる。時代を越えて今に受け継がれた、土佐打刃物の妙技と心。
 
切っても切れない人間関係
私たちZAKURIは土佐打刃物の伝統を受け継ぎ、未来派としての土佐打刃物づくりを目指し、協同組合土佐刃物流通センターの有志でZAKURIを立ち上げました。

打刃物の伝統を重ね、これからの土佐打刃物の潮流を考え新しい可能性を切り開いていきたいと思っています。合言葉は、"頭も切れるし、刃物も切れる。切っても切れない人間関係"。
すべてのZAKURI商品には生産者を明確にするシールを貼っています。その商品である刃物を通じて、お客様と切っても切れない人間関係をつくりたいと思っております。
 
 
写真2 写真3 写真4 写真5
 
 
▲ページトップへ
 
 
Copyright (c) 2004-2008 ZAKURI. All Rights Reserved.